カードローン おすすめ

MENU

消費者金融の返済を延滞するとこんな問題が

消費者金融の返済を延滞した場合、様々な問題が発生します。まず挙げられるのが遅延損害金の発生です。遅延損害金はその名の通り返済が遅れた場合に発生する罰金のようなもので、通常の利息とは比べ物にならないほどの額が加算されます。

 

 

うっかり返済を忘れていても通常より高い金利で請求されるから気をつけないと・・・


借りている額や業者によっても違いますが、1日数百円単位で加算されることも珍しくありません。遅延損害金は元金や利息とは全く別のものなので、いくら払っても借金の返済には充てられません。

遅延損害金を放置するとどうなる?

また、業者側から催促の手紙や電話が自宅に届くようになります。手紙の場合は普段テレビCMなどで流れている企業名とは違う名前で届きますし、電話も本人が出ないかぎり向こうから企業名を名乗るようなことはありませんが、

 

 

家族が不審に思いそこから借金のことがバレてしまうというケースも少なくないです。


そのような事態を防ぐには、返済が滞りそうなときにはまず事前にこちらから連絡することが重要です。こちらから連絡し、いつまでに支払うかなどをしっかり伝えておけば催促の連絡はありません。電話対応も丁寧にしてくれるのでできるだけしておいたほうが賢明です。

延滞による最悪のケースとは?

逆に何の連絡もしなかった場合、電話の対応もかなり厳しいものとなります。本当に支払えるのか、その根拠はなどかなり深いところまで聞かれることもあり精神的にもかなり辛いものとなります。更に返済を延滞した場合、基本的には新たな借入ができなくなります。

 

 

最悪のケースって・・・


仮にその後順調に支払いが進み枠に余裕ができたとしても、一定の期間借入可能額がゼロにされることが多いです。業者によっては全額返済するまで一切の借入ができなくなるということがあるので注意が必要です。

 

 

  • 催促と厳しい追求
  • 追加融資のストップ
  • 新規申込への悪影響

このように返済の延滞をしてしまうと様々な不都合が発生してしまいます。できるだけ滞り無く返済をするのが大切ですが、万が一返済が滞りそうな場合は事前の連絡をするとともに返済計画の見直しを行い、毎月必ず返済できるように務めるのが良いでしょう。

編集部のおすすめカードローンを一発検索