カードローン おすすめ

MENU

学生がカードローンに申込む条件とおすすめカードローン

 

学生でもカードローンに申込む事は可能です。ただし、条件や注意事項があるので失敗しないようにしっかりチェックしてから申込むようにしましょう。


 

 

目次

  • 学生がカードローンに申込む条件とは?
  • 学生の場合の在籍確認はどうなってるの?
  • 親にバレない・職場にバレない申込方法とは?
  • 今すぐ借りたいんだけど・・・学生の即日融資の可能性
  • アルバイトの年収ってどうやって計算するの?
  • こんな学生は審査に注意!審査に落ちやすい人の傾向
  • 20歳未満の学生はどうすればいいのか?
  • 学生からお金でつまづくわけには行かない!返済について知っておこう!

学生がカードローンに申込む条件とは?

学生がカードローンに申込む条件は二つだけです。

 

 

  • 年齢が満20歳以上である事(法的成人である事)
  • 安定収入があること(学生の場合はアルバイトでということになります)

基本カードローンは金融業者と契約しなければなりませんので、法律行為を行うことになります。20歳未満の未成年者は民法第5条第1項の未成年者の法律行為により保護されています。

民法第5条第1項の内容は、未成年の法律行為(契約)には法定代理人(親権者)の同意を必要とし、同意がなければ法定代理人により破棄することができるものです。ただし、未成年が一方的に利益を得る場合は法律行為(契約)有効になるというものです。

このように未成年は強力に保護されているので、親の同意を得てまで契約しようとする金融業者はありません。なので第三者を介入させる事なく契約できる成人としか契約しないのです。

 

カードローンで無担保でお金を借りる上で、返済の原資となる安定収入は学生でも必須です。収入のない方に金融業者も無担保・保証人なしでお金は貸してくれません

学生の場合の在籍確認はどうなってるの?

学生の場合はアルバイトで安定収入を得ているはずですから、そのアルバイト先に在籍確認の電話が掛かってくる事になります。

在籍確認とは?

収入を基にお金を借りるローンには全て収入源である職場に現在も在籍しているのかという確認が必要になってきます。これが在籍確認というものですが、その方法は主に職場にカードローン業者から電話を掛けて、在籍しているかどうかの確認をするというものです。

しかし極度に心配する事はありません。電話を掛けてくると言ってもカードローン業者の名前では電話を掛けてきません。電話を掛けてくるオペレーターの個人名で掛けてくるので安心してください。

 

また不在でも大丈夫です。不在で職場に掛けた場合は、本日休みとか、外出中など在籍の確認が出来る返答が返ってくればそれで在籍確認は完了します。ただし、職場が休みの際は次の営業日まで契約は持ち越しになってしまいます。

親にバレない・職場にバレない申込方法とは?

学生がカードローンに申込むのが周りの人にバレてしまうと、何かと心象が良くないのは確かです。しかし、苦学生や友達とのイベントの費用の前借など学生でも借入が必要な場合は多々あります。周りにバレる可能性があるのは主に、

 

 

  • 職場

になるでしょう。学生の場合は20歳以上しか申込めませんから申込に親の助けは必要ありません。しかし、同居している場合はローンカードや明細書などの郵送物が届いて親にバレる可能性があります。

 

職場にも基本はバレることはありませんが、前述の在籍確認の電話が掛かってきた際にバレてしまうことは多々あります。

アルバイトの年収ってどうやって計算するの?

 

アルバイトの年収は月々の平均給与×12ヶ月です。


その月々でアルバイトに入る時間も違うでしょうからだいたい平均支給額に12ヶ月を掛けたのが年収と考えていいでしょう。ただし、安定収入が必要ですからまだアルバイトを始めたばかりとか、一ヶ月しかしてないというのは厳しいかもしれません。

 

せめて2、3ヶ月は継続してアルバイトしている必要があるでしょう。しかし学生は大学などの学校に在籍していますので、それを放棄してまでどこかに借入をしたまま姿をくらます可能性は少ないので、持ち家を持っている人と同じ要因でそれほど悪い審査属性ではありませんのでそれほど心配する必要もありません。

学生がお金を借りるのに一ヶ月のアルバイトがどれくらい必要かの考え方

学生がお金を借りるのに一ヶ月のアルバイトがどれくらい必要かというのは、

 

 

借りたい金額から逆算する事でアルバイトの目安が見えてきます。


総量規制により学生でも年収の三分の一以下に貸し出す金額は限られてきます。それを目安にすれば年収÷3÷12ヶ月で一ヶ月のアルバイト代がいくらくらいあればいいのかが見えてきます。

 

カードローンは学生相手に50万円以上貸してくれることはまずありません。社会人でもいきなり50万円以上貸してくれることはあまりないのです。ですので30万円くらいの借入まででいくらくらい必要なのかを見てみましょう。

借入金額 5万円 10万円 20万円 30万円
必要年収 15万円 30万円 60万円 90万円
必要一ヶ月のアルバイト代 12,500円 25,000円 50,000円 75,000円

さすがに一ヶ月のアルバイト代が12,500円だと審査も厳しいかと思いますが、50,000円〜80,000万円くらいは普通にあるんじゃないでしょうか?それほど厳しい条件ではありませんよね。

今すぐ借りたいんだけど・・・学生の即日融資の可能性

学生の場合も一般社会人の場合も学生が特別審査に時間が掛かるということはありませんので、即日融資は可能です。ですので学生の即日融資に重要なのは、

 

 

  • 振込融資の可能性が高いカードローン
  • 自動契約機があり設置台数の多いカードローン

この二点を抑えておけば最短即日融資が可能になってきます。

こんな学生は審査に注意!審査に落ちやすい人の傾向

学生で他社借入のある人はまず審査に通る事はないでしょう。学生に二社から借り入れる与信はありません。また総量規制の範囲内の金額で申し込まなければ審査に落ちてしまう可能性があります。

 

例えば毎月5万円ほどのアルバイト代があるのであれば、年収は60万円ということになります。総量規制でこの場合、およそ20万円までしか借りることは出来ませんが、30万円を希望すれば審査に落ちる可能性があるということです。

 

間違いなく30万円の希望額は通りませんが、20万円までなら大丈夫ですよと案内してくれるカードローンもあります。勘違いしないで頂きたいのは、

 

 

総量規制の範囲内なら必ず審査に通るということでもないということです。


総量規制の範囲内で自分の最低限必要な金額だけ申込むのが審査に通る秘訣です。またたくさん借りたいからといって年収を多めに申告したり、アルバイトしていないのにアルバイトをしているようにしたり虚偽の申告をする人も審査には通りませんし、必ずばれます。

審査に落ちない為の対策
  • 自分が法的に幾らまで借りれるのかを知る
  • 必要な金額以上申込まない
  • 嘘の申込内容を記入しない

20歳未満の学生はどうすればいいのか?

20歳未満の学生は中小の一部消費者金融では親の同意を得て貸してくれるところがありますが、未成年はまだ法的に成人ではありませんし、どちらにせよ親の同意が必要なのであれば親に相談しましょう。

 

親がお金がないのであれば親に借りてもらって、親に返済するようにした方がいいでしょう。未成年の頃から借金を背負う必要はないのです。

学生からお金でつまづくわけには行かない!返済について知っておこう!

カードローンの返済というのは基本リボ払いのような返済方法になっています。

リボ払いとは毎月一定の金額を返済していくことです。

一定の金額といっても業者によって元金と利息の割合などが微妙に違いますが、2,000円から10,000円ほどの月々の返済額になってきます。借入残高によっても月々の返済額は変わりますが、学生の借りる額なら2,000円から5,000円といったところです。

 

 

なんだ。楽勝じゃん^^


こう思ったあなたはカードローン地獄予備軍です。カードローン業者はなるべく長く借りてもらって、なるべく長く利息を払ってもらいたいのでこういった返済方法を採用しています。

 

ですので、カードローン業者の用意した少ない返済額で返済していては、いつまでたっても元金は減らず、結果つもり積もって多くの利息を払う羽目になってしまいます。お金がないときに無理して多めに返済する必要はありませんが、

 

 

余裕のある月は都度返済で多めに返済し、元金を早めに減らしていくのがカードローンの鉄則です。


編集部のおすすめカードローンを一発検索