カードローン おすすめ

MENU

申込みブラックとは何か?審査への影響は?

申し込みブラックという状態は、いわゆる信用情報機関にカードローン業者へ複数申込みをしている情報が登録されている状態のため、消費者金融などのカードローンはおろか他のローンの審査でも落ちる可能性の高い属性を指します。

 

通常のブラックリストという情報は信用情報機関と呼ばれる機関に保存されている状態で、他社の借り入れやクレジットカードなどの利用状況、返済の遅延や延滞といった良くない信用情報などが記載されており、

 

 

債務整理を行った場合にもその情報は記録されることになります。


信用情報機関に登録されている信用情報とは?

信用情報機関の情報は言わば利用者のローン履歴そのものが克明に記録されていることになるため、消費者金融は審査の際に必ず信用情報機関の情報を参考にして審査を行うことになります。

 

 

信用情報機関では返済能力を判断する情報を照会できます。


これは利用者にお金を貸しても問題ないのか、信用に足る人物なのかどうかといった情報を先に知ることで、返済しない利用者や借りた後で自己破産などを行われてしまい、未回収の貸付金を増やさないためにも重要なこととなっています。

申込みブラックから脱するには?

信用情報機関の情報で通常のブラックだった場合には、それは社会的信用の無い人物、お金を貸すとリスクが高すぎる人物ということになりますので、消費者金融の審査ではまず通過できません。

 

但し、申し込みブラックを解消するためには、短期間で複数の貸金業者に申し込みをしないのは勿論のことですが、あくまでも目安ですが

 

 

新たな申込みには1年以上置くこと


信用情報機関から申込みブラックとしての情報が削除されると考えて良いでしょう。その為一度申込みブラックになってしまうと時間を置かない限り審査落ちする属性からは開放されないと考えるべきです。

編集部のおすすめカードローンを一発検索