カードローン おすすめ

MENU

カードローンとして向かない利用方法

カードローンの利用方法としておすすめなのは、やはり手持ちの現金が不足しているという場合です。例えば、銀行口座でお金が足りないので水道代や光熱費の支払いで残高不足になる可能性がある場合などはカードローンを利用するうえで代表的なケースといえます。

 

 

カードローンは利用目的自由だから便利だなぁ・・・


この場合のポイントは、あくまでも一時的にお金が足りない場合にカードローンを利用するという方法である、という点です。ではどういった点がカードローンの利用方法としては向かないのかといえば、ひとつは自動車ローンとして利用する場合です。

 

 

利用目的は自由でも向かない利用もあるのでは・・・


カードローンというものは、事業性資金など一部の例外を除いて利用目的は原則として自由という場合が殆どです。つまり、基本的には何に使っても特に問題はないというのがカードローンの考え方であり、自動車を購入する為の資金として利用しても特に問題はないです。

カードローンの利用が不適切なケースとその理由

しかし、カードローンで借入を受けたお金で果たして自動車を購入できるのかといえば、おそらくそれは不可能でしょう。

 

 

車の購入資金で利用するのも不適切かい・・・


例えば、消費者金融のカードローンであれば総量規制の適用を受けますので年収の3分の迄しか融資を受けることができません。仮に300万円の年収ということであれば100万円が上限金額です。中古車の購入資金であれば全額まかなう事も可能かもしれませんが、

 

 

新車の購入資金の利用なら全額は厳しいと思うけど・・・


返済する上でのデメリット

また、カードローンというものは借りた後返済をしなければなりませんが、返済をするとその分はまた借入が可能となります。つまり、返済計画をしっかり立てないと高額の借入を行った場合は返済がスムーズに行かない可能性もあるのです。もしもお金を借りる目的として、

 

 

  • 自動車や住宅の購入
  • 結婚費用の為の資金

など明確なものがきまっているのであれば、まずはそれぞれの目的に応じたローンがないかを確認する事です。いきなりカードローンで申し込むよりも低金利で高額の融資が受けられる可能性がありますので、こうした点にも目を向けてみることも大切です。

編集部のおすすめカードローンを一発検索