カードローン おすすめ

MENU

カードローンを解約したい場合はどうする?

カードローンをもう利用しないという場合には解約をすることができます。カードローンというものは利用可能な限度額の範囲内であれば繰り返し借入を受けることができます。その為、借り入れた金額を全額返済をしても、その分に対して再び借入ができるのです。

 

 

全額返済したから解約すべきかなぁ・・・


但し、その後カードローンの利用をする予定がないということであれば解約をしておくのも選択肢のひとつです。

カードローンを解約するメリット

カードローンの解約をするメリットは、資金管理に対する意識づけをすることができるという点にあります。

 

 

また利用する可能性もあるから解約しないほうがいいかも・・・


基本的にカードローンというものは返済期限というものが設けられていませんので長期間にわたって返済が続いてしまい利息が増えてしまうことにもつながります。その為、利用しなくなったカードローンを解約しておくことで

 

 

その後の利用についても一定の制限を設けることができるようになり、カードローンに対する意識も変わってきます。


その後またカードローンで融資を受ける必要性が出てくれば、その時になってから改めて融資に申し込むほうが良いでしょう。

カードローンを解約する条件

とはいえ、カードローンの解約をするためにはまずは借入残高を0円にしておく必要があります。つまり、

 

 

完済という状態にしておかなければ解約をすることはできません。


便宜上、カードローンの契約には契約期間というものが設けられていますが、その返済期間を満了してもカードローン業者との契約が終了するというわけではありません。勿論、カードローンを利用して借入を受けている金額に対しては

 

 

完済したので解約したいのですが・・・


返済しなければならない義務が残りますので返済しなければならない借入残高が残っている間は解約をすることができないというルールとなっています。因みにカードローンの解約をするた為には、その意思をカードローン業者に伝えることが必要です。

編集部のおすすめカードローンを一発検索