カードローン おすすめ

MENU

希望する金額の全額ではなく一部を借りる

カードローンの利用法としておすすめなのが、必要な金額の全額の借入を受けるのではなく、一部の金額を借りるという方法です。消費者金融をはじめとするカードローンというものは、

 

 

原則として使用目的は自由となっています。


その為、何に使っても特に問題はないのですが、融資を受ける金額についても申し込む際に決めることができます。例えば、自身のスキルアップの為に社会人向けのスクールに通ったり、通信教育に申し込んだとします。

 

資格取得を目的としたスクーリングなどの場合は、その種類にもよりますが教材費などを含めると十数万円単位の費用が必要となります。

おすすめの申込み金額とは?

勿論、カードローンの利用目的は原則として自由というルールがありますので自身のスキルアップ目的として利用しても全く問題はありません。ここで仮に20万円の費用が必要となった場合、その全額をカードローンで借入を受けても良いのですが、

 

 

ここでおすすめなのはこのうちある程度は自己資金を工面するという方法です。


理由は二つあり、ひとつは融資を受ける金額は高額よりも少額の方が審査基準に差があるという点です。20万円の融資を行う場合と10万円の融資を行う場合とでは、審査基準のハードルが下がるのは後者であることは言うまでもありません。

 

 

借りれなければ意味がないからなぁ・・・


特に即日融資を考えているのであれば、なおさら申し込む金額については少ない方が有利となります。

返済を考えて申込み金額を決めるのがおすすめ

ふたつめの理由は、その後の返済が楽になるという点です。20万円の融資を受けた場合と10万円とでは、どちらがその後の返済が楽になるかという事についてもあえて言うまでもないでしょう。つまり、カードローンで借入を受ける金額は必要最小限の金額にとどめておき、

 

 

できる限り返済におけるリスクを下げることがこの方法のテーマです。


カードローンを利用するうえで重要となるのは、いかに確実に返済を進めるかということです。その意味では融資を受ける金額についてはできるだけ少ない方が良いのです。

編集部のおすすめカードローンを一発検索