カードローン おすすめ

MENU

返済が遅れそうな場合はまず連絡

カードローンの利用をスタートした後は、毎月遅れずに返済を行っていくのが基本です。しかし、やむにやまれぬ事情によって返済しなければならない日に遅れてしまうということは十分考えられることです。

 

 

少し遅れそうだけど連絡しなくても大丈夫だろう・・・


また、返済日のことをついつい忘れてしまうといったことも人間ですのでありえない話ではありません。当然ながらカードローン業者にとっては返済の延滞は一種の契約違反にあたりますので

 

 

返済してほしい旨の連絡が入ることになります。


そこで、もしも延滞しそうになった、あるいは延滞してしまったという場合にはすぐにカードローン業者に連絡を入れるようにしましょう。勿論、連絡をしただけで延滞情報が消えるというわけではありませんが、

 

 

連絡がないのはいただけないなぁ・・・


それでも返済しなければならないものが返済できていないことを連絡するということで、業者側の印象も大きく変わってきます。連絡をする際にはいつまでに支払えるかということも併せて説明しておくとさらに印象が悪くなる事はありません。

事前連絡において遅延理由の説明は重要

その後はできるだけ早い段階で支払いをしておくことで問題なくカードローンの利用を継続する事ができます。また、返済期日に支払いが難しいようであれば事前に連絡をしておいて何故難しいのかということを説明しておくべきです。

 

 

返済が遅れそうなんですが・・・


例えば返済日はどうしても日程の関係から都合がつかず、返済はその翌日になる場合などはそういった話をしておく事が大切です。返済日に支払うことができるお金が足りないということであれば、やはりその旨を説明しておくと担当者からアドバイスを受ける事もできます。

 

 

承知しました・・・


いずれにしても、カードローンの返済が遅れた場合にやってはならない事がその後の連絡も返済もせずにそのままにしておくことです。

 

 

連絡してこないなんてどんな人かしら・・・


延滞が続いてしまうとその結果カードローンの利用ができなくなることは勿論、その後新たにローンを組む際にも影響を及ぼすことになります。もしも滞納してしまった場合にはまず連絡を入れて、その後すみやかに支払いを行う、これもカードローン利用の基本です。

編集部のおすすめカードローンを一発検索