カードローン おすすめ

MENU

消費者金融の契約期間の意味

消費者金融でお金を借りた場合というのはその分に対して必ず返済をしなければなりません。これはほとんどの人がもっている認識ですが、意外に知られていないのが契約期間の認識です。契約期間は実際に融資を行う消費者金融業者によって異なりますが、

 

 

消費者金融との契約期間ってあるんですか?


5年前後の期間が設定されている場合がほとんどです。ここで多くの人が誤解してしまいがちなのが、契約期間を経過すれば返済しなくても良くなるのでは、という点です。確かに契約期間という言葉だけで考えると、

 

 

契約期間はあるけど残高があれば返済し続けないといけないわよ・・・


その業者との契約をしている期間という意味にとることもできますので、その期間が経過すれば業者との関係もなくなるのでは、と思ってしまいますね。当然ながら契約期間が満了しても返済しなければならない残高が残っている間は返済を続ける必要があります。

契約期間の自動継続と契約期間の意味とは?

また、消費者金融の契約期間というものは基本的に自動継続というものが前提となっていますので、期間が満了を迎えたからといって解除されるものではありません。ではこの契約期間というのはいったい何を定めているのかといえば、

 

 

契約期間が切れたからといって一括返済を求められるわけではないから心配しなくても大丈夫よ・・・


これは消費者金融側が利用者の状況を定期的にチェックするための周期として考えると良いかもしれません。人間の状況というものは年月の経過とともに変化します。外見の変化はもちろんのこと、転職をしたり昇進したりといった様々な理由で

 

 

収入が増減するケースもあるので再確認される期限とも考えられます。


現在利用している業者とは別に新たにカードローンの借入を受けたり、逆に既存の借入が完済したりといった場合もあるかもしれません。

 

 

融資するほうにはリスクがあるから再確認するのは当然だろう・・・


こうした変化する状況を定期的に確認して、新たなカードローンの借入が可能か、あるいは返済は問題ないかということを調べる必要があります。そのため消費者金融業者では一定の期間を契約期間として設定し、利用者の状況をチェックしています。

編集部のおすすめカードローンを一発検索