カードローン おすすめ

MENU

1万円からでもOK?少額の融資のすすめ

給料日前ともなれば誰もがお金が不足する時期です。せめてあと1万円あれば、なんとか給料日までしのげるのに、そんなもどかしい気持ちになる経験はありませんか。そんな場合でもカードローンの利用であれば対応可能です。

 

 

給料日迄の生活費を何とか工面したいんだけど・・・


カードローンといえばある程度まとまったお金でなければ融資を実行してくれない、そんなイメージがあるかもしれません。しかし、実はカードローンの中には1万円といった少額の融資でも利用できるところがたくさんあります。

 

 

カードローンを利用すればどうだい・・・


少額融資は貸手にとってはリスクが少ない

確かに業者にとってはたくさんのお金の融資を実行すればその後の返済で受け取る事ができる利息の金額も多くなります。それだけにあまり少ない金額では融資は受けてもらえないと思われがちですが少額の借入であるからこそ融資を受けられる可能性が高くなるといえます。

 

 

1万円でも借りれるのかい・・・


カードローン業者にとって、高額の融資を行うことは確かにそれだけ多くの利息を得られる可能性があがりますが、その分がもしも返済されなければ損失が膨らむというリスクもあります。少額の融資であれば返済されないといったリスクは

 

 

少額のほうが貸してくれる可能性が高いのは間違いないよ・・・


高額融資の場合に比べかなり軽減されますので確実に利息を得ることができるというメリットがあります。

カードローンの審査で重要なのは申込者の返済能力

カードローン業者としては誰でものべつ幕なしに融資をしているというわけではなく、返済される可能性が高い相手に融資を行っていますので、少ない金額での融資であれば実行しやすいという背景もあります。

 

 

面倒だから多目に融資を申込もうかなぁ・・・


もちろん借りる側にとっても少ない金額であれば無理なく返済をすることができるうえ、長い期間返済を続けるといった負担も少なくなります。さらに、返済を確実にすることでカードローン業者に対する実績を作ることができますので、

 

 

できるだけ少額で申込んで返済実績を作っておいたほうが後々大きな額が必要になった時に融資を受けれる可能性が高くなると思うけど・・・


その後の利用にも優遇してもらえる可能性が高くなります。このように、少ない金額での融資というものは融資を受ける側と行う側双方にとって大きなメリットがある取引といえます。

編集部のおすすめカードローンを一発検索