カードローン おすすめ

MENU

消費者金融での借入は住宅ローンを組むときに影響する?

住宅ローンを組むということは住宅という高額な買い物をする事から借入を行う費用も高額となるのでローンを組む申込者を審査する必要があります。その為、全ての者が住宅ローンを組むことはできず、審査に通った者のみが住宅ローンを利用することができます。

 

 

住宅ローンが組めないと住宅を手に入れることは諦めるしかないなぁ・・・


住宅ローンを組むためには、きちんと借り入れを行った金額のすべてを返済することができる人物であるかどうかが重要となる為、

 

 

  • きちんとした収入が毎月あるのか?
  • 一定の期間の勤務年数があるのか?

などの、さまざまな事を調べられることとなります。ですが、きちんとした収入がなかったり、まだ仕事をはじめて日が浅かったりすると支払い能力がないと見なさる為に住宅ローンを組むことができないといった判断を下される可能性が高いといえます。

既存の借入は審査に影響する

また、住宅ローンを組む為には消費者金融などから借り入れがあると審査に通ることができないといわれていますが、消費者金融などから借り入れをしている全ての者が住宅ローンを組むことができないというわけではありません。

 

 

エッ、やっぱり既存の借入残高が多いとダメなのかぁ・・・


これまでに消費者金融などから借り入れをした支払いが滞ってしまったことのある経歴があることや既存の借入の残高が多い場合には住宅ローンを組むときに影響が出てきてしまうことは否定できません。支払いを滞ったことのある場合では仮に住宅ローンを組めても

 

 

支払いをする際にも同じように支払いが滞ってしまう可能性があると判断


されるからです。消費者金融から借入ているからといって住宅ローンに大きく影響するわけではないので、その残高や支払い実績から返済能力がないと判断されないような状況で申込むことが重要です。

編集部のおすすめカードローンを一発検索